紡績機械の世界


006.png

紡績機械の世界

boseki1.jpg
解体された梳綿機(そめんき)

 かつて綿糸を作るときは、非常に多くの工程が必要でした。おおまかな工程ごとに使われる機械をまとめると、以下のような感じです。

<綿を取り出し、ゴミを落として、幅や厚さをそろえる>

①開俵機 ……おおざっぱに開綿し、ゴミを除き、混綿する
(Hopper bale breaker)
boseki2.jpg

②開綿機(ホッパーオープナー)……綿の塊を小さくする
(Hopper opener)

③給綿機……綿の塊をほぐし、一定の大きさにする
(Hopper feeder)
boseki3.jpg

④ポーキュパイン開綿機……さらに打綿、開綿を繰り返し、ゴミを落とす
(Porcupine opener)
boseki4.jpg

⑤クライトン開綿機……打綿して、重いゴミを落とし、綿を浮かす
(Crighton opener)
boseki5.jpg

⑥排気開綿機……ビーターで打綿し、ゴミと分離させ、綿をケージに集める。
(Exhaust opener)
boseki6.jpg

⑦打綿機……ゴミを除き、均整にし、ふわふわで帯状のラップを作る
(Scutcher)
boseki7.jpg


<もつれた繊維を解きほぐす>

⑧梳綿機(そめんき)……櫛でならして繊維の方向を揃え、太い紐状のスライバーに
(Card)
boseki8.jpg

boseki9.jpg
ラップを梳綿機に通す


<太さをそろえ繊維を平行にする>

⑨練篠機(練条機)……スライバーの太さを揃え、繊維を平行にする
(Drawing frame)
boseki11.jpg

boseki10.jpg
スライバーの太さを整える

<粗糸にする>

⑩粗紡機(始紡機、間紡機)……フライヤーで粗糸をボビンに巻く
(Fly frame)
boseki12.jpg

<糸に撚りをかけ、強度をつけ、完成>

⑪精紡機、リング撚糸機 ……糸に撚りを加えてボビンに巻く
(Ring spinning frame)
boseki13.jpg
精紡機

 最後に捲糸機などで、用途に応じた最終加工をして完成です。

 はっきり言って、素人には違いがわかりませんが、ものすごく大変なことはわかりますね。
 ここで出てくる梳綿機というのはかなり重要な機械なんですが、なかなか国産化できませんでした。トヨタを生んだ豊田佐吉の会社「豊田式織機(現豊和工業)」も、苦労に苦労を重ねて、開発まで10数年かかったと社史で書いてます。

 余談ながら、かつて技術力のなかった韓国は、1980年代、日本に半強制的に技術供与させていたんですが、1985年の段階でも、綿精紡機や梳綿機の製造技術が要望に含まれていました。このときはほかにCD、VTR、プロペラ、半導体、マイクロモーターなどハイテク関連の技術も要求しており、いかに紡績技術が重要だったかわかります。


 さて、そんな梳綿機ですが、2012年5月、群馬県高崎市の元ふとん工場で3台が廃棄されました。その中の1台は日本に現存する唯一のものでしたが、あえなく鉄くずとなりました。そんなわけで、廃棄直前に撮影した写真を掲載しておきます。

boseki15.jpg
ラップを作る

boseki16.jpg
梳綿機

boseki14.jpg


左が日本唯一の梳綿機。中央のドラムと、上にかぶさる部分には、とげ状の短い針がびっしり埋め込まれていて、その隙間に綿が送り込まれます。ドラムが回ると綿の繊維がほぐされ、揃えられる仕組み。

 糸を作る場合、ここから練篠機に回しますが、布団屋の場合、綿を大きくしないといけないので、梳綿機の後はそのまま製綿機に通します。右手の青い機械が1964年製の製綿機。これを通すと、脱脂綿の親玉のような巨大な綿の塊ができるので、これを布団の中に入れるんですね。

boseki17.jpg
こちらも梳綿機(手前)。いずれも、鉄くずとなってしまいました。

boseki18.jpg

 国産の自信を感じますな。
 なお、掲載した紡績機械の写真は「豊田式織機株式会社・創立30年記念誌」(1936)より転載しました。