東京科学博物館の展示品


006.png

東京科学博物館(1932年)の展示品

kagaku4.jpg

 本館は鉄筋コンクリート造りで、地上3階(一部4階)、地下1階建。 飛行機型の平面が特徴です。
 いわゆる震災復興建築で、昭和6年9月に竣工しました。設計は文部省大臣官房建築課の糟谷謙三。内部には展示室以外にも大広間、講堂、赤道儀室、貴賓室などがあります。歴史的価値が高いとして、2008年4月、重要文化財に指定されました。

 以下、博物館オープン当時の陳列です。

●1階<理工>

 玄関を入ると中央大広間があり、本館模型と新聞輪転機、地球丸模型など
 左1室:温度測定器、光学機器、波動と音響、蒸気機関、飛行機、エンジン
 右2室:電気、磁気、電波、通信、精密測定器

kagaku5.jpg
輪転機(東京朝日新聞提供)

kagaku6.jpg
毎秒20mまでの小型風洞実験機

●2階<動物、講堂>

 中央回廊に尾長鶏などの珍鳥、忠犬ハチ公の剥製、正面に貴賓室
 左3室:哺乳類、鳥類、両生類、昆虫などの標本
 右4室:クマ、アシカ、トナカイなどの生態陳列

kagaku7.jpg
貴賓室

kagaku8.jpg
動物の生態展示

●3階<植物、地学、図書室>

 中央回廊にマンモスの牙、メキシコのミイラ
 左5室:植物標本、菌類、遺伝
 前6室:宮内省より下賜された記念室。
     エジソン蓄音機、明治天皇の地球儀、最新の高射砲
 右7室:火山、鉱物、古生物
 奥11室:高林兵衛の時計コレクション

kagaku9.jpg
植物標本

kagaku10.jpg
記念室(中央地球儀が明治天皇の愛用品)

kagaku11.jpg
日本最大の隕石・気仙号(107グラム)

kagaku12.jpg
メキシコのミイラ(婦人と子供)

kagaku13.jpg
時計室(右は万年時計)

●4階<天文気象、海洋>

 前8室:気圧計、地震計
 右9室(屋上):測深器、験潮器、江戸時代の望遠鏡
 屋上10室:20センチ天体望遠鏡

kagaku14.jpg
中国の日時計(高林コレクション)

●地階<実験室、標本、食堂>


中央階段:珊瑚
 左15室:動物標本
 中央16室:各種実験設備 
 右17室:学術的な地学標本

kagaku15.jpg
地学標本室

kagaku16.jpg
動物骨格標本

●別館<そのほか、産業系の資料>

kagaku17.jpg
八幡製鉄所の模型(日本製鉄提供)

kagaku18.jpg
外輪船・金比羅丸の主機関(三菱造船提供)