そのほかの機器


006.png

そのほかの機器

(56)オプチマ2層式幻灯機
  1887年 バーケンソン&レイメンテ(イギリス)

cam56.jpg

 光源はアセチレンガス。スライドはガラスに彩色されたもの。2層になっているのは、映像の移動、急速転換、上下写しわけなどの技法を使うため。

(57)ウィリアムソン映画撮影機

cam57.jpg

 初期の35mm映画撮影機。右が1895年、左が1910年。ともに手動式。

(58)30×40判スタジオカメラ
  1900年頃、製造者不明(ドイツ)

cam58.jpg

 超大判30cm×40cmサイズの写真が撮れる巨大なスタジオカメラ。

(59)ハンザ特許引伸機
  1933年、近江屋写真用品

cam59.jpg

 戦前の代表的な国産引伸機の1つ。
 下は1905年頃のドイツ製横型引伸機。光源は2本のカーボンを電気的にスパークさせるアーク灯。日本では大正時代になってもよく使われていた。

cam59-2.jpg

(60)フィルムの数々

cam60.jpg

(61)戦前の露出計

cam61.jpg


左から関式サロン露出計、佐和式露出計算尺、不二露出計で、いずれも1935年頃の日本製。

(62)マグネシウム閃光機
 オリエンタル製(日本)

cam62.jpg

 ストロボ誕生前は、人工照明は写真電球か閃光機しかなかった。マグネシウムを燃やすので、やけどしやすく危険な代物だった。左は日本初のストロボ「エバトロン・フラッシュAT-3」(1954年、川崎電気)

(63)タクマー1000mm望遠レンズF8 
  1958年、旭光学

cam63.jpg


アサヒペンタックスの超望遠レンズ。最短撮影距離30m。重さ7.5kg、長さ1040mm。当初の発売価格16万5000円。

(64)陶器写真、ガラス写真

cam64.jpg

 写真を陶器に転写したもの。画像は銀粒子なので、耐久力は劣る。ガラスに転写したものもある。