動力、エンジン


006.png

動力、エンジン

●船舶タービンエンジン試作機
 戦前の神戸工業高校から神戸大学工学部に引き継がれたブラウン・カーチス式タービン。
 川崎造船所(現在の川崎重工)がブラウン・カーチス社と技術提携して作った。当時のレシプロ・エンジンよりはるかに船のスピードが速くなった。1923年、エンジンの量産ができるようになったので神戸工業高校に寄贈され、実験用に使われていた。現在、川重にも存在せず、国立科学博物館が引き取った。(1991年寄贈)

turbine1.jpg

turbine2.jpg

●陸用単気筒ディーゼルエンジン

ドイツのコーチン兄弟社製、1922年製造。神戸村野工業高校提供。こちらも国立科学博物館へ移管。(1995年寄贈)

rikuengine2.jpg

rikuengine.jpg

●誘導電動機

交流を入力とするモーターを交流電動機といいますが、その代表例が誘導電動機。これは三菱電機製。

yudodendoki.jpg